ベースフード

ベースブレッドだけで生活できる?おすすめはランチの置き換え

仕事や家事で毎日があっという間に過ぎていくNむらです。

私は子持ちで共働きの普通の40代会社員なので、

家事は極力増やしたくない
節約のために出社時は自作の手抜き弁当持参
栄養のバランスとかよくわからない
でも、健康も気になるお年頃・・・

みたいなところのモヤモヤを抱えたまま、しばらく社会人生活を行ってきました。

40代になったからか、気候の変化や仕事のストレスなどで以前より疲れやすくなり、気を付けないと体調を崩しがちです。

「自分でしっかりと体調管理しなければ!」

「でも、、どうやって?」

という疑問に悩みながらも試した食生活改善の取り組みの中で、これは良かったというものをご紹介します。

商品の名前は「ベースブレッド

ベースフード社が提供しているパンで、完全食(主要な栄養素が含まれている)というものです。

Nむら

ベースブレッドは手軽な健康食という位置づけのため、平日ランチの時短に大きな効果を発揮します。

ペン

食事に「時短・健康・コスパ」を求める方には特におすすめの商品だよ!

このブログ記事でわかること
  • ベースブレッドの一番の効果は時短、忙しい人のランチに最適
  • ベースブレッドの味は普通、シンプルで継続しやすい
  • ベースブレッドはコンビニ飯よりコスパが良い
  • 初回限定20%オフでお試しできる

ベースブレッドとは?

ベースブレッドとは、ベースフード社から販売されている、からだに必要な栄養素がぎゅっとつまった完全栄養のパンです。

Nむら

ベースブレッドだけで生活できるか否かを回答する前に、まずはベースブレッドについて簡単に紹介します。

ペン

すぐに結論を見たい方はこちらのリンクからどうぞ!

手軽にすべての栄養素をとることができる

ベースフード社の公式サイトによると、以下の説明があります。

26種のビタミン&ミネラル、27gのたんぱく質、6〜7gの食物繊維など、からだに必要な栄養素がぎゅっとつまった完全栄養のパンです。

引用元:ベースフード公式

1食に必要な栄養素がすべて含まれているので、コンビニ弁当や外食よりもずっと体に良いのです。

チョコレートだとこんな感じの栄養成分です。(1食=2袋なので×2と考えてください。)

Nむら

気を付けても偏りがちな栄養素を、まとめてとれるのはありがたいです。

完全栄養食の定義
→1食で、栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

人気沸騰中の注目商品

ベースブレッドを販売しているベースフード社は今急激に知名度を上げているので、聞いたことあるという方も多いかもしれません。

  • 2022年日経優秀製品・サービス賞「最優秀賞」受賞(2023/1)
  • 合計販売数8,000万袋を突破(2022/12)
  • 日本の起業家ランキング2023」にて代表の橋本さんが第4位に選出(2022/11)
  • 東京証券取引所グロース市場への上場(2022/11)
Nむら

特にここ最近勢いがすごいですね!リピーターとしては嬉しい限りです。

コンビニでも販売されていますので、ますます便利になっています。

コンビニだと少々割高なので、後述するスタートパックでの購入がおすすめです。

ベースブレッドの味は6種類

ベースブレッドには、6種類の味・形状があります。

  • プレーン
  • チョコレート
  • メープル
  • シナモン
  • ミニ食パン
  • カレー

ベースブレッド:プレーン

プレーンは味がついていないので、何かをトッピングをして食べることを想定して作られています。

個人的にはオリーブオイル+塩でシンプルにいただくのが好みです。

ベースブレッド:チョコレート

チョコレートは甘すぎない感じで、とてもおすすめです。

最近リニューアルされたことで、さらに食感が柔らかく、食べやすくなりました。

ベースブレッド:メープル

メープルは2つに分かれており、シェアしやすい形状です。

ほんのりした甘みがいい感じです。

ベースブレッド:シナモン

シナモンもメープル同様の形状です。

シナモンの香りがよく、そのまま食べるのがおすすめです。

ベースブレッド:ミニ食パン

ミニ食パンは2022年5月に発売された新商品です。

ハムやチーズを乗せてサンドイッチにして食べるのがおすすめです。

ベースブレッド:カレー

ベースブレッドカレー

最後にもう一品、カレー味があるのですが、個人的にはあまりおすすめではありません。

ルーはこだわりを感じるのですが、パンがぼそぼそしていてちょっと苦手なので、我が家のローテーションからは外しています。

Nむら

カレー味は今後に期待です。いつか改善されるかも。

  • 主要な味がまとめて試せるスタートセットはこちら

ベースブレッドだけで生活できる?

ベースブレッドは完全栄養食なので、ベースブレッドだけで生活できるのでは?と思われるかもしれません。

ペン

種類もあるし、いけそうな気もするけど?

Nむら

結論としては、飽きるし食事全体の満足が下がるので継続できません。実体験をもとに説明していきます。

味は普通、だからこそ継続しやすい

やっぱり食事である限り、気になるのは味ですよね。

ベースブレッドの味は・・・とっても普通で可もなく不可もなくという感じです。

完全栄養と聞いて正直「おいしくないんだろうな」と思っていたので、想像よりはずっと良かったです。

ペン

種類によっても少し変わってきそうだよね?

Nむら

チョコレート・メイプル・シナモンは「ややおいしい寄り」ですね。

おいしさを求めるとカロリーは増えますし、「もっと食べたい」となると元も子もないので、ちょうどよいという考え方もできます。

ちなみに、少しでもおいしく食べるためには「温める」のが必須です。

トースターがあればなお良しなので、もしあれば是非利用しましょう。(レンジでも可)

味付けや追加トッピングがしやすいプレーンやミニ食パンは在宅時におすすめです。

どこでも手軽に食べられる

ベースブレッドはパンなので、どこでも手軽に食べられるのは大きなメリットです。

職場や外出時のおすすめは、しっかりと味がついているシナモン・メープル・チョコレート

もし職場に電子レンジがあれば、是非1袋20秒ほど温めてみてください。

*脱酸素剤は取り除きます。

加熱時は別皿に移してと注意書きがありますが、、、まあ袋のままでもいけそうですね。

加熱後は袋のまま食べられ、皿を使用しないので洗い物もでません。

Nむら

私も出社時はレンジで温めて袋のまま食べてます!加熱時間は気持ち少な目がおすすめ。

種類を変えてもパンなので飽きる

上述の通り、職場にも持っていきやすいし、栄養素もばっちりなので毎食でもいけそうな予感がするのですが、、

パンばかり食べていると飽きます!

食事を楽しみたいという方にとっては、ここが最大のハードルだと思います。

あと3か月で●●kg痩せなければいけないなどの強い理由や意思を持っている人
食事にこだわりがない人
基本的にいつも一人で食事をとる人

といった方でないと、ベースブレッドだけで生活を続けるのは無理だと感じています。

私の場合は、食事に強いこだわりがあるわけではありません。

でも、夜は基本家族で一緒に食べるので、その生活に巻き込むのも、自分だけひたすらベースブレッドを食べるのも嫌。。

ということで、、早々に断念しました(笑)

飽きないためにもトッピングを楽しむ方もいらっしゃるようですが、正直それだと手間が増えてしまうため、ベースブレッドのメリットが薄れます。

ペン

確かに手間はかけたくないね。どのくらいのペースで食べるのがいいのかな?

Nむら

手軽に飽きずに食べられるペースとして、「仕事のある忙しい平日のランチだけ」となりました。

推奨は月20食ほど取り入れること

ベースフード社的には、月20食取り入れることで、栄養のベースを作ることを推奨しています。

毎食食べていただいても大丈夫ですが、1日3食食べないといけないということはございません。

目安として、月20食ほど取り入れることをおすすめしています。栄養バランスのよい食事を1日に1食とることで、栄養のベースをつくり、コンディションを改善していけると考えています。

引用元:ベースフード>よくある質問より抜粋

月20食であれば、平日1食どこかで取れれば十分ということになりますので、わりと継続しやすいのではないでしょうか。

超健康的な食事でも、頑張って続けるのってしんどいですからね。食事を楽しみたい時だってある!

Nむら

平日のランチに取り入れるのは、推奨方法だったようです!

*もし平日のランチだけでも心配という方は、ぜひ次の方法もお試しください↓

飽きたら時々パスタに差し替えるのもおすすめ

ベースフード社の商品ラインナップには、ベースブレッド以外にも、ベースパスタという「パスタ」もあります。

  • ベースパスタ:アジアン(細麺)
  • ベースパスタ:フェットチーネ(太麺)

同じく完全栄養食なので、健康に良いのは間違いありません。

市販のパスタソースでもベースフード社提供のソースでもおいしく食べられます。

ただ、忙しい/自宅以外のランチの場合には、調理が不要のパンの方がおススメです。

ということで、平日ランチだけのベースブレッド生活に飽きた時に、時々パスタに差し替えるのが良い方法です。

Nむら

リモートワーク時とか、気分を変えたいときはパスタもありですね。

パスタもゆで時間1~2分なのでまあまあ時短可能です。

ベースブレッドだけで生活できる?
  • 栄養素と味的にはOKだし、どこでも食べられるので理論上は可
  • 一番のハードルは飽きること
  • 強い意志を持ち、食へのこだわりがなく、おひとり様でないと継続は困難
  • 毎食ではなく平日ランチに食べるのが推奨
  • 初回限定スタートパックなら気軽に完全食を試せる!

ベースブレッドの効果は?

正直医学的な効果はわかりません。(すみません。。)

それでも、子育て中の共働きサラリーマンとして絶対的におススメできる理由は、以下の効果があることです。

  1. 圧倒的な時間短縮!
  2. 栄養ばっちりなのに、外食ランチの半額以下!
  3. 適量をサクっと食べることで午後の集中力をキープ!

ベースブレッドを平日ランチに取り入れることの効果を順番にご紹介します!

圧倒的な時間短縮!

お弁当
↑自作弁当。揚げ物多め。。

ベースブレッドに出会うまでは毎朝お弁当を作り、会社に持参していました。

もうルーティンに組み込まれるくらい慣れている作業ではありますが、毎朝どんなに短縮しても5~10分くらいは時間をとられるんですよね。。

食材や冷凍食品を買ってくる労力も結構手間です。

Nむら

これらの労力からの解放は思った以上に喜びが大きかったです。実は無理していたようです。

お弁当派でない方は、ランチのお店に行くまでやコンビニの買い出しに結構時間かかりませんか?

多くの会社でランチは1時間だけなので、ここを短縮できると、残りの時間は自分の好きに使うことができます。

栄養ばっちりなのに、外食ランチの半額以下!

ベースブレッドは1食約300~400円といったところです。(味や購入方法によって値段が違います。)

外食ランチやコンビニ・お店のお弁当を買うと、500~1000円といったところではないでしょうか?

栄養素を考えてサラダバーを付けようとするともっとお金がかかりますし、お弁当で栄養素を完全に賄うというのは結構難しいものです。

自作のお弁当と比較すると、さすがに少しだけ割高感はありますが、まあギリギリ許容範囲ですね。

弁当は冷凍食品を結構使っていたので、おそらく150円程度と見込んでいます。(栄養より腹を満たすことに重きを置いたお弁当)

Nむら

ベースブレッドは保存の効く袋詰めパンなので、上司に突然ご飯に誘われたときにも柔軟に対応できるのもメリットです。

ベースブレッドの賞味期限は到着日から約1か月程度です。

適量をサクっと食べることで午後の集中力をキープ!

外食とか弁当を食べた後、午後の仕事って眠くないですか?

私は平日のランチ後20分くらいは会社でも寝る派なのですが、食べ過ぎると寝つきが悪かったりします。

ベースブレッドであれば食べ過ぎを抑制でき(かつ腹持ちも十分)、比較的寝入りも順調に感じます。

Nむら

昼寝しない時も、自作弁当よりは眠気が弱かった実感がありました。

ベースブレッドがおススメできない人

ここまでベースブレッドのメリットをご紹介してきましたが、正直誰にでもお勧めというわけではありません

ベースブレッドをおススメできない人はこんな方です。

Nむら

現在の食生活に満足している方は、無理に変える必要はなさそうです。

ベースブレッドの効果まとめ
  • 買い出しや準備の手間を省け、時間短縮できる
  • 買って食べるよりもコスパが良い
  • 午後眠くなりにくい(主観なので参考まで。)
  • 1食約400円で始められる健康習慣

ベースブレッドの買い方

Nむら

最後に気になる値段や、お得な買い方についてもご紹介します。

ペン

良い商品をより安く買えるとうれしいね!

味と買い方によって値段が異なる

ベースブレッドの値段は味によって異なり、1食分(2袋)が以下のような定価が提示されています。

  • プレーン:390円
  • ミニ食パン:400円
  • チョコレート:410円
  • シナモン:430円
  • メープル:430円
  • カレー:450円
ペン

あれ、思ったより高いね。300円~400円って言ってなかった?

Nむら

こちらはあくまで定価です。これを継続コースで購入すると初回なら20%オフ、2回目以降も10%オフで購入できます。

さきほどの価格を継続コースの割引を加味して表にまとめるとこの通りです。

定価20%オフ(初回)10%オフ
プレーン390円312円350円
ミニ食パン400円320円360円
チョコレート410円328円368円
シナモン430円344円386円
メープル430円344円386円
カレー450円360円404円
*2023年1月17日現在の1食=2袋の価格です。

継続コースはAmazonでいう定期おトク便のようなものです。

「継続コース」とはいえ、初回で気に入らなければいつでも簡単に中止できます。

公式サイトが最安値

ペン

楽天とかAmazonで買った方が安いんじゃないの?送料無料だし。

Nむら

実はベースフード社の公式サイトが最安値である明確な理由があるので、説明しますね。

ベースブレッドは以下の3つの購入方法があります。

公式サイトAmazon楽天
値段最安値少し高い
(やや割高に設定)
少し高い
(やや割高に設定)
送料500円無料無料
販売元ベースフード社ベースフード社ベースフード社

上述の通り、実はどのサイトが買おうがベースフード社が販売元になります。

そして、ベースフード公式サイトでも以下の通り「公式サイトが最安値」である旨が明言されています。

アマゾンや楽天でも販売されていますが、どこで買うのが一番お得ですか?

「継続コース」(4週間ごと / 初回20%OFF・2回目以降10%OFF)でのご購入も、「1回のみお届け」でのご購入も、公式サイトからが送料を含め最もお得です

引用元:ベースフード公式>よくある質問

当然、販路拡大のために巨大プラットフォームである「Amazon」や「楽天」でも販売はしています。

それでも公式サイトが一番割安になるように、「Amazon」や「楽天」ではそもそも少し高めに設定されているということですね。

Nむら

Amazonや楽天の出店料金分をちょっと上乗せしているということですね。

同じ条件(ベースブレッド16袋=8食分)で比較してみると、このような価格になります。

公式サイトAmazon楽天
値段3,840円4,080円4,080円
送料無料無料無料
割引初回限定
20%オフ
なし100円
(クーポン)
ポイントなしなし408円
(10%想定)
合計3,172円4,080円3,572円
2023年1月17日現在の価格です。

ペン

だいぶ値段変わるんだね。でも、わざわざ会員登録するのがめんどくさいかも。

Nむら

そんなときにはAmazonPayを利用すると便利です。Amazonから決済情報がワンクリックで引き継がれるので、とても簡単でした。

ペン

なるほど!Amazonアカウントがあるから使ってみようかな。

支払い方法はAmazonPay以外にも、クレジットカードやコンビニ払いなど色々あるので、自分が好きな方法をお試しください。

  • 公式サイトが最安値!初回限定20%オフ

まとめ:ベースブレッドは平日ランチにおすすめ

今回はベースブレッドについて、私なりに徹底検証してみました。

自作弁当よりもコストはかかるものの、健康面と時短面のメリットが大きく、手軽に食生活を改善したい方にって、非常におすすめできる商品だと思っています。

ベースブレッドに1食切り替えることで、健康習慣への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

記事のまとめ

ベースブレッドに食事を置き換えることで、以下のメリットがある。

  1. 必要な栄養素を簡単に取れる(味も及第点!)
  2. 食事の買い出しや準備の手間を省け、時間短縮できる
  3. 外食や弁当を買って食べるよりもコスパが良い
  4. 午後眠くなりにくい(個人差あります)
Nむら

初めての方にはスタートセットがおすすめです。20%オフで買えるのこの機会をお見逃しなく!

ペン

試して気に入らなかったら解約も簡単だよ。

  • 初回限定20%オフでお試しできる

以上、参考になれば幸いです。

Nむら

もっと気軽に安く試したいという方は、こちらの記事から友達紹介をお試しください。

ABOUT ME
Nむら
現在40歳、二児の父親で共働きのサラリーマンです。 Webコンサル業務を約7年、事業会社Web系プロジェクト推進業務を約6年を経験。2020年12月からIT物販企業でプロマネとして業務開始。(転職計5回しています。) これまでに身に着けた知識や、今挑戦していることなどを発信していきます!